レッスンでは、あなたに合った『腹式呼吸』を丁寧に解説していきます

こんにちは!アミーズVOICEレッス 講師の小松 萌です。

さて今日は、呼吸についてお話ししたいと思います。

私達人間は、主に2つの呼吸を使い分けています。

『胸式呼吸』と『腹式呼吸』です。

よく、『お腹から声を出して!!』なんて言われますが、実際どうやったらお腹から声が出るのでしょう?

この2つの呼吸法、肺に空気が入る事は同じです。

ここで押さえておきたいのが、『肺は自由に動けない』ということ。

なんとなく、勝手に肺に空気が入ってしぼんで、という気がしますよね。

実際は、周りの骨や筋肉が肺の動きを手伝ってくれています。

『胸式呼吸』

階段を駆け上がった後等に使っている呼吸法です。
主に、肩や胸を動かす事で、肺の上の方に空気が入ります。
試しに、首元をべたっと触り、肩をあげて空気を吸い込み、息を止めてみましょう。
首筋に力がぐっと入りませんか?
この状態で歌ったり大きな声を出すと、声帯に負担がかかり喉を潰す原因になってしまいます。ですので、あまり声には向いていない呼吸法ということになりますね。

『腹式呼吸』

リラックスして横になっている時がわかりやすいと思います。
こちらは、呼吸筋である横隔膜を動かす事で、肺の下の方に空気が入ります。
主に、おへそから5センチほど下にある『丹田』と呼ばれる部分を動かします。
丹田が動く事で、横隔膜が引っ張られて下がりやすくなるためです。

腹式呼吸は、喉から遠い位置で呼吸ができ、体の中に響かせるスペースができ、そして何より息をたくさん吸うことができます。

レッスンの中では、この『腹式呼吸』をあなたバージョンで丁寧に解説していきます。

人によって、身体のクセがあったり動かしにくかったりすることがあるからです。

ぜひ、事前ヒアリング+カウンセリングで腹式呼吸チェックをしましょう!

お待ちしております。

アミーズVOICEレッスンの事前ヒアリング+カウンセリング・出張レッスンのお問い合わせ・お申込みはこちらです

人前で堂々と話したい
話で人を惹きつけたい
楽しく歌ってスピーチ力と表現力を手に入れる

女性限定アミーズVOICEレッスンの個人レッスンを千葉市海浜幕張 幕張ベイタウン教室で行なっています。

事前ヒアリング+カウンセリングのお問い合わせ・お申込みの方は以下のお問い合わせフォームからお願いします。

出張レッスン・イベントのご参加希望もこちらかだお願いします。